【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

これまでの日本という国は世界でもトップクラスの原発に依存をしている国だったのです。
しかしもう原発の時代は終焉を迎えました。これからは太陽光発電によって安心安全の電気作りなのです。自治体でも太陽光発電の助成金制度が導入されていますが、制度を実施している自治体の数はまだ限られています。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。太陽光発電の助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が完了してからシステムの稼働開始後に可能となります。
なのでJ-PECへの申込が受理されることが無かった場合でも、自治体助成金の申請に間に合うこともあります。 世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。国の助成金制度とは別に太陽光発電システム以外にエコキュートと呼ばれているモノもありますので検討してみてください。
また他の省エネ設備と一緒に設置しなければいけないという自治体も中にはあります。



【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:01 7 17

皆様は、
映画を見る時、売店でポップコーンやコーラを買ったりしていませんか?
テレビを見ている時、お菓子をつまんだりしていませんか?
読書をする時や長電話をする時、ジュースを飲んだり、
お菓子を食べたりしていませんか?

何かをしながら食べる「ながら食い」は、
シェイプアップにとっては天敵なんですよ!

そもそも食べる事というのは、
エネルギーを補充するためにとるものですが、
エネルギーが足りているかどうかを判断するのは
お腹ではなく、脳なんですよね。

もちろん、
お腹の膨らみ具合も脳の判断基準のひとつではありますが、
脳はそれ以外にも、
目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、
満腹感や食べる事による快楽を得ます。

テレビや映画を見ながらとか、何かをしながらの食べる事だと、
お腹は膨らんでも
目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、
脳が感じる満腹感が半減してしまうことになります。

同じ量を食べても脳が満足してくれず、
すぐにお腹がすいてしまうという…
シェイプアップ的には最悪な結果になってしまいます。

逆に言えば、
食べる事の時は食べる事だけをするようにして、
しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、
脳が感じる満腹感もアップして、
間食したいという欲求も沸きにくくなることになります。

もちろん、いくら食べる事に集中するといっても、
会話をしてはいけないということではありません。

みんなで楽しく食べる事をするのは大切なことですよね。
食べる事に集中するというよりは、
「食べる事をちゃんと楽しむ」ようにするということですね。

食べる事をちゃんと楽しんで、シェイプアップを成功させましょう!

ホーム サイトマップ