【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある
これまでの日本という国は世界でもトップクラスの原発に依存をしている国だったのです。
しかしもう原発の時代は終焉を迎えました。これからは太陽光発電によって安心安全の電気作りなのです。自治体でも太陽光発電の助成金制度が導入されていますが、制度を実施している自治体の数はまだ限られています。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。太陽光発電の助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が完了してからシステムの稼働開始後に可能となります。
なのでJ-PECへの申込が受理されることが無かった場合でも、自治体助成金の申請に間に合うこともあります。 世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。国の助成金制度とは別に太陽光発電システム以外にエコキュートと呼ばれているモノもありますので検討してみてください。
また他の省エネ設備と一緒に設置しなければいけないという自治体も中にはあります。




【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:19 3 17

夫が仕事を辞めることになりました。
見かけによらず、責任感が強く慎重な夫にとっては、
悩み悩んだ末の思い切った決断のようです。

「仕事やめたいなぁ」と最初に言い出してからは
2~3年は経っているような気もします。

「あと一年、あともうちょっと…」と言いながら
夜更け遅くまで働き続けてきた夫も遂に限界がきたようで、
今年に入ってようやく「区切りつけるわ」と
自分から言ってくれました。

家内の立場としては、
日々19時遅くまで働きづめで、
疲れ果てていた夫を見ていたので…

ホッとした気持ち半分と、
これから先がハッキリ決まっていない状態で
仕事を辞めるなんて本当に大丈夫なんだろうか?という気持ち半分です。

ただ、将来の不安を感じながらも、
あたくしはやっぱり、よかったなぁ…という思いが一番です。

夫の決断までの流れをみてると、
そういえば、あたくし自身も自分がなかなか決められない性格で、
昔長年務めた職場を辞める時も何年も悩んだよなぁ…と
いうことを思い出します。

でも、辞める前にあれだけ心配して悩んだわりには、
辞めてからは何事もなかったように流れていくので、
「なんであたくしはあんなことであんなに悩んでいたんだろう?」と
不思議に思うんですね。もっと早く決断すればよかった…って。

夫も、自分で「区切りをつける」と言い出してから、
随分いろいろなプロセスがあったように思います。

夫は、今を楽しむということやチャンスに恵まれてるということでは、
あたくしよりもよっぽど強いと思っていたけれど、
やはり夫にも夫なりの恐れは一杯あるようです。

でも、ひとまず「お疲れさまでした」ですね。

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

★メニュー

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
【お役立ちメニュー】長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
【お役立ちメニュー】保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリット
【お役立ちメニュー】注目が集まっている太陽光発電
【お役立ちメニュー】高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
【お役立ちメニュー】太陽光発電を自宅に設置するためにはいくらの費用が必要なの?
【お役立ちメニュー】家計に優しい電力確保なら太陽光発電
【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)欠かせません!安心の太陽光発電ガイド